解離性障害としてのひきこもり

 

  • 人格の解離
  • 辛い事件の記憶がない
  • 夢か現実が分からない時がある
  • 感情が分からない、怒りを感じない、疲れに気づかない

 

記憶抜け、現実感がない、自分の中にドロドロした部分がある、別の自分がいると感じる場合、解離性障害の可能性があります。

ひきこもりはカウンセリングで治療可能です。幼児期に母から離れた本当の自分を見つけて、セラピストと信頼関係を作ると、人と関われるようになります。