Blog

話されない父親の存在

潜在的ひきこもりは、男性も女性も、父親についてあまり話をしない。




仕事中毒の父親は「自分とは関係ない人」と思っているケースが多い。しかし、クライアントによっては恐い父親の話をする。

恐い父親は世間の評判がよく、子どもは「やさしいお父さん(ご主人)ですね」と誉められることもある。
父親は周りの人への気配りが上手い
父親は家の外では気配りが上手である。しかし、家に帰ると別人である。


妻を頭ごなしに叱る

妻の些細なミスに腹を立てたり、子どもを小馬鹿にしたり、頭ごなしに怒ったりするタイプがいる・・・
息子に厳しい父親。
立場の弱い子どもにはとても厳しい・・・


文句を言うなら、家を出て行け・・・


子どもが自己主張すると、生意気言うな、その口の聞き方はなんだと叱る。

ふだんは無口だが、何か気に入らないと、突然怒りだす父親もいる。父親は、怒る理由を説明しないし、子どもと話し合う習慣がない。




このタイプの父親が子どもに厳しいのは対人恐怖と関係している・・・

対人恐怖の父親は家族から批判されるのを恐れている。特に子どもには「お父さんの方が偉いんだぞ」という傲慢な態度をとる・・・




お前はまだまだ未熟だ・・・




そんな考えは10年早い・・・


自己主張する子を厳しく叱る父親

父親は、はっきりと自己主張する、自分の意志をもつ子どもが嫌いである。だから、子どもの自我をつぶすようなしつけをする。

父親が人にメイワクをかけるなと教えるのは、子どもの自由を奪うためである。背後には「俺にメイワクをかけるな」というメッセージが隠れている。子どもがヘマをして自分が世間から批判されるのを怖がっている・・・



しぶしぶとカウンセリングにやってきた父親

そんな父親をカウンセリングすると・・・





人を恐れる子どもが見つかる。


息子を恐がる中の子ども


の子が自分の子供を恐れている・・・

父親は、娘の気持ちを理解したり、息子を助けたりなど、子どもが自信を持つような育て方をできない。



父親は自分のことで精一杯だからである・・・



No comments yet.

Leave a Reply